津波 震度5弱 あばれる君  

  • 2016.11.22 Tuesday
  • 12:32

本日早朝6時前、福島県小名浜沖25kmで、強い揺れを感じる地震が

発生した。気象庁の発表によると、5年前の東北沖地震の余震との見解。

いまだに続く、あの地震の影響。それだけ大きかったことを決して忘れては

いけないと、どこか警告しているかのような時間帯でもあったように感じた。

 やや寝ぼけながらの暗闇で、窓や玄関を開く。外には雨がぽつぽつと。

テレビの緊急ニュース速報に目を向ける。私の立場、お客様の命をあずかる。

それでいて逃げ口を確保する為?の窓あけ。これだけだった。つい先日、地域の

避難訓練にも参加したばかりだった。あの体験はなんだったのか、自分に問う。

 それでも今日のお客さん、近くの漁港から沖合へ、わらさ・真鯛船に既に

乗船している。寝ぼけから覚めたところで、すぐに電話をかける。そういえば

いつも乗船の際は携帯を持たないと言っていた。船長にもかけようかと考えたが

それも余計なお世話かなとここではやめた。だってむこうこそ海のプロ。当然、

防災無線もガンガンだし、むこうにも家族がいてお客さんなんだから。それから

やや時間経過すると、津波警報が千葉県も外房にまで広がる。さらに間もなくして、

館山の布良には30cmの津波到達。釣りにでている内房にも津波注意報が伝えられる。

 そこでふと我に返る。この僅かなのか、地震発生からの1〜2時間。自分は結局、

今も何もしていない。それどころか、本日キャンセルになってしまったお客さんに

用意していた大量のカレーに火を通す。まあ食いたくはなかったが、仕方ないとボヤキ

ながら、、、。ただこれはもしかしたら、最悪の行動だったのではと。そう腐るから

火を通すのではなく、このような余震が続く場合、火など使っている場合ではない。

それからもう一つ、自分の肝心の今日のお客さんには何もしていないのに、多くの

お客さんからは心配の電話なり、メールの連絡を頂く。これにはココに住みいつのまにか

知らず知らずのうちに慣れてしまっていた自分がいる。ニュースにでているのと、家は

違うと!ただ場所だけで、房総だの内房だの、ときには富浦は?となるが、そうは

いっても広い。地震なり台風にしろ、何かの事故でも近いときもあるが、実際には影響を

直接的にはうけたことは、ほとんどない。だからなんだ。ほとんど影響がないから何?では

ない。寧ろ何もなくてよかったと、心配してくれた方々にホットされることに感謝だろう。

多くの方の心配の連絡は当たり前ではないのだ。それを忙しいだの、最近来てくれないだの、

グダグダ言ってる場合じゃない。神はみているのだ。決してキャンセルは偶然ではなく。

私への対応の悪さを改善せよと!でなければ、反省しているときにこんな快晴にはならない

だろう。自分の考えも、もっともっと改正しなければ。

 本日に限りませんが、いつもご連絡・ご心配して頂ける皆様に心より感謝致します。

そこで最新の必要情報を、お伝えしておきますので、どうぞ!!

\萋の学生さん貸切におきまして、ギターの絃?がまた1本切れてしまいました。

台所の換気扇、フードレンジっていうんですかね?そこを掃除したく、スチームクリーナーを

購入考えております。何かアドバイス等ございましたら、教えて下さい。といいますのも、

お客さんのご自宅に泊らせて頂いたときに見て感動したルンバ!全く同じ物を購入すれば

よかったのですが、自分が買った奴は全くもって奇麗にならず!それなりの値段だったのに。

夜中の通販、ラジオショッピング、ジャパネット、下水処理用の高圧洗浄はあたりだったんですが、

今回のように、ラジオはなんか外しました的な。あくまで私個人の感想となっております。

ついでに言いますと、このブログを復活させたことにより、やはりデジカメ。昔々の奴なもんで

充電しても5〜10枚くらい撮るのが限界。持ち運べない。だから、画像にかぎりが。さらには

パソコン。これも初めて購入したものだから、もう何十年?自分的には遅くなはいが、営業さんや

お客さんで解る人に教えてもらうにも、なんか俺じゃないと固まる?的な、まあコイツにだって

好き嫌いがあって当然で、まず赤嫌いな人は絶対苦手なわけで、、、。それでもお祝に買ってもらった

冷蔵庫は生きているし、つい最近には全自動洗濯機の乾燥付きも頂いてきちゃったりと気分上々。

思えば、このダイニングのテレビも頂いたというか、ほぼ奪ってきたようなもので、有り難や〜。

 所謂、機械音痴なんですが、歌もですけど。修理改善系が長年経過すると発生しまくりで、

ぃ曳屬おがかりだと、ウッドデッキの修理なんですよね。数か所腐って歩けない危ない箇所が

ありまして、これをやってみたら全く歯が立たなくて。カインズで電動のなんていったかなドリルを

借りてきたんだけど、我がウッドデッキの木に全く刺さらずビックリ!!何が違うのか、電動のこ?

それも借りてきたんだけど、ま〜あ真っ直ぐ切れずビックリ!!びくっり過ぎてなかったことにしてから

半年。そこでいつも困るのが、常連のお客さん。次はココ変えておきますので、見に来て下さいね。

これなぜか?よく口にしてしまう!寧ろ口癖。一回もできたことないのに。子供のセロープ使いの方が

よっぽど上手いくらい。紙とテープでできれば俺でもなんとかなるかも?いやそれも無理か。

ここで解ったことがある。つまりは、機械系=図工。さらに、歌・料理。子供の頃から、学校での

勉強科目で、図工・音楽・家庭科、これらが出来なかったことを忘れていたのに、宿泊業の究極と考える

宿を独りでやろうとしているだから無理が生じるんだろう。そりゃあ助けてくれるお客さんもいるが

そんな優しい人ばかりではない。寧ろ怖い?人のが多い。

イ海了期になると、灯油が必需品となる地方暮らし。年間使うのは、当宿ではお風呂だけだが、これに

冬場は石油ストーブが加わる。当然、使用量が増す。頻繁に購入しにいくようになる。コメリのような

ホームセンターだったり、スタンドのどちらか。農協での配達は極力さける。これは単に、値段だけの

問題ではない。やや自慢のようだが、無駄に動く!重い物を常に持ち運ぶ。日常生活の中で、意外とココに

拘りがある。そう体力!この商売、体力勝負と勝手に自負している。体躯さえできれば卒業できる!学校は

そう思って半ズボン生活の皆勤賞、これが当然の生き方をしてきた。実際、昔は体育の日が誕生日だった。

話を戻すが、その灯油を先日購入した際、その場で当然18ℓ入りの灯油タンクが絞まっていることを

確認する。その日は2つ。ただし、いつもの軽自動車じゃなく、ガソリンも入れたかったのでワンボックスで

後ろの荷物置き場に積んで次の買い物置、尾張屋へむかった。途中異様に、車内が灯油の臭いで充満する。

いつもの臭いよりキツイ。当然、灯油タンクを乗せれば少なからず臭いはする。それでもこの日はキツイ。

距離はすぐなので、着いてから後ろを開けてみると、やばい!倒れているのは勿論。すでに18ℓの5分の

2くらいがない状態。つまり車の中にこぼれていた。それもそう、1つの蓋が完全に緩んでいる。結果、そこから

毀れだしていた。どうしよう?初体験だ、この事態は!それでも取りあえず全てのドア・窓をあけ買い物を

済ませた。ちょうど車に戻る際に、駐車場で車の保険屋さんに遭遇。ナイス!即行で現状説明アドバイスを頂く?

車屋さん呼ぼうか?スタンドで聞こうか?考えながら買い物をしていた。田舎のイイところの1つ。困ったときに

なぜかなんとかなる。都会ではありえなかったこと。これは経験上、然程心配はない。つまり、無知な自分は

このまま運転して爆発でもしないか?という考えだった。でもさすがのご説明!ガソリンは引火しやすいが、

灯油は大丈夫とのこと。?でも、畑で枯れ草燃すときによく灯油もって来いって言うよな?まあそのときは

全く気にしていなかったが。この日は急いでもいた。動いたまま暑いから半袖で買い物に行く。すると途中

汗がひき、体が冷え、寒くなるということがよくある。それでも、このときは洋服もコインランドリーの乾燥機で

乾かしていた。だから、買い物帰りならちょうどイイだろうと多可を括っていた。なぜなら、あまりの臭さに車内

窓全開それでいて半袖で寒い。乾燥したての熱々のトレーナー。臭い運転、宿に戻るまでに頭が痛くなった。

それでも荷物を早急に全て降ろし、車全開の日々を続けること数日。全く臭いがなくならない。勿論、リセッシュ

なりは山程使ったのだが訊いていない。そこで、車内の灯油の臭いを消し去る方法は御存知ないだろうか?

Ε肇ぅ譴離肇ぅ譽奪肇據璽僉竺櫃院⊇庁欧帖これが壊れていて限界。照明器具、雨どい、古いと同じ物がない。

この問題、何も出来ない者にとっては非常に厳しい。買ってきて取り変える。これ以外はやめてほしい。携帯も

先日、機種変更したが使用に困ることだらけ。だから変えたくなかったのに、、、。 

 

Ш鯑あるテレビ番組で、芸人のあばれる君が無人島を脱出する企画に挑戦しているのを見た。

それはインドネシアの無人島から、ナイフたった1つで12km離れた有人島に渡るというものだった。

相方には、ボクシングの亀田大毅、対戦相手には二世タレントのIMAL・紅欄、???だったかな。

内容がどうのと言いたいのではなく、白いタオルを頭に巻いたあばれる君!ここに注目というか、注目

せざるえなかった。なぜなら、似てる!はじめてそう思った。自分で。様々な人に言われてきたが、自分で

ココまで似てる?と思ったことはなかった。自分で可笑しかった。ずうっと見いってしまった。昨日は

いちいち似てると思った。でもそれは自分だけなのだろうか?もっといえば、頭の剥げ具合もつうずるものが

髪を剃り上げ白タオルを巻いたところを1度、誰かに画像で撮ってもらいたいとさえ思えてきた。

ものまね番組が大好きで、ついにチャンスがとさえ感じてきた。今週は25日にものまね番組がある。

間に合わせるには、どうしても画像が必要だ。やはり、デジカメなり他の人の力も必要不可欠だ。誰か〜

それともそんなに似てないかな?せめて、ネタ出来ないとな。DVD購入してみるか〜

津波注意報

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM