おおなみ

  • 2017.04.26 Wednesday
  • 04:35

海上自衛隊の護衛艦隊の中核を担う最新鋭護衛艦「おおなみ」(4650トン)が25日、

巨大な姿を見せた。海自護衛艦としては初めて2機のヘリコプターを運用。水上打撃力をアップ

している。艦名は「大きな波」に由来している。同型艦は「たかなみ」「まさなみ」「さざなみ」

「すずなみ」。大波のない湾内に浮かんでいた。

 

大型客船「にっぽん丸」が26日、館山夕日桟橋に寄港した。歓迎行事では、渚の駅デッキを開放した

「にっぽん丸カフェ」は新企画で、乗船客らはにっぽん丸の停泊する館山湾の景色を見ながら、

房州ビワ、館山産イチゴを使ったタルトなどでティータイムを楽しんでいた。

ぶこう

  • 2017.04.23 Sunday
  • 07:50

海上保安庁の第三管区海上保安部所属の巡視船「ぶこう」(約1500トン)が20日、

湾内に停泊した。那覇海上保安部で、尖閣諸島で海上警備などに活躍した「もとぶ」が

船名変更された。船番号「PL10」はそのまま引き継がれている。船尾の低さが特徴だ。

白亜の船体が、鏡ヶ浦に映える。

 

しきしま

  • 2017.04.21 Friday
  • 09:49

海上保安庁の巡視艇にしては大きく、海上自衛隊の護衛艦を思わせるスタイル。

それもそのはず、巡視艇としては世界最大級の「しきしま」(6500トン)が、

湾内に姿を見せた。

 ヘリコプター2機を搭載する大型艇で、一説によると海自のイージス艦と比肩する

大きさという。真横から見た姿も圧巻で、シルエットだけなら、海保の巡視艇というよりも

海自艦のようにも見える。

 

富浦駅前の用品店「え〜ころ屋」主催 「第11回店当ライブ」 23日午後3時

 南京玉すだれ、フラダンス、ギター弾き語り、絵本読み聞かせなどが予定されている。

出演はいそ玉亭おきよ、ダンサーMAKO、五十嵐逸見、ポックル、渡邉むつみら。

屋外ライブのため、晴れの場合、帽子や日傘の持参を呼び掛けている。雨天時は店内で縮小開催。

鑑定師みいなさんによる名前の無料鑑定もある。午後1時から午後5時まで、同店2階で。

 

 

 

 

 

「はちじょう」 「えのしま」

  • 2017.04.12 Wednesday
  • 22:11

海上自衛隊の掃海艦「はちじょう」(約1000トン)が6日、湾内に入った。対潜用の

「深深度機雷」を掃海できる艦艇だ。「やえやま型」掃海艇の同型艦で、磁器反応型機雷を

避けるための木造に。世界最大級の木造艦船という。どこかずんぐりむっくりした艦体だが、

その役割、機能を思うとなるほどと感じる。

 

はちじょうにやや遅れて湾内に入ったのが、掃海艦「えのしま」(570トン)。はちじょうより

やや小型でスマートな印象だ。「最新&最強 自衛隊兵器100」によると、海自初のFRP艦で、

耐用年数が1.5倍になったという。FRP艦では世界最大級。感知して目標を追尾するホーミング

耐機雷戦システムを搭載している。

大成丸

  • 2017.04.09 Sunday
  • 23:54

独立行政法人海技教育機構(横浜市中区)の練習船「大成丸」(3990トン))が6日、

白亜の美しい姿を見せた。横浜から館山湾に入ったとみられる。

 国内海上輸送を担う内航海洋業界が待望する、即戦力となる優秀な新人船員を育成するための

内航用練習船。同機構は練習船として、帆船の日本丸、海王丸、青雲丸、銀河丸の5隻を所有。

 大成丸は白い船体に黄色のファンネル(煙突)が特徴。鏡ヶ浦にどかんと座っていた。

 

この日は、学術研究船「白鳳丸」が夕日桟橋に初寄港し、7日には歓迎セレモニーが行われた。

寄港は10日までで、きょう9日には船内見学会が行われる。午前9時から午後3時半まで。

 

「日本丸」(2570トン)の姿は何度も見かけているが、今回は船尾方面から見ても美しい。

そもそも4本マストという構造が、幾何学的な美を感じさせる。船尾では日の丸がへんぽんと

翻っていた。

第7共栄丸

  • 2017.04.07 Friday
  • 18:20

油槽船とは、石油類をバラ積み輸送する船舶。

空荷なのか、吃水線がずいぶん上に出ている。白い船橋に白いファンネル(煙突)。

ファンネルマークは「K」に見える。

 

週末イベント情報

8日(土) 午前10時〜「さくらフェスタ」 大房岬

8日(土) 午前10時〜 ハイキングと春の植物観察 館山野鳥の森

9日(日) 午後1時〜 スプリングコンサート 「蜂の駅ひふみ養蜂園」

9日(日) 午後3時40分〜 「サバにマグロを産ませる」研究の講演会 館山総合高校水産校舎 

徳誉丸

  • 2017.04.03 Monday
  • 04:50

30日に停泊していたのは、LGP(液化プロパンガス)タンカー「徳誉丸」(699トン)。

熊澤海運株式会社(横浜市)の船だ。油類、油脂、液化石油ガス、石油化学製品の海上運送を業務と

している。青い船体に白のタンク。ファンネル(煙突)マークには、白いカモメが描かれている

ように見える。

 

 

おりいぶ

  • 2017.03.31 Friday
  • 18:04

29日に停泊していた目にも鮮やかなブルーの船体。白の船橋に赤いファンネル(煙突)。

香川県小豆島船籍の貨物船「おりいぶ」。海運業、港湾運送業、倉庫業、陸運業などを

手掛ける辰巳商会(本社・大阪市)の運搬船だ。

 青、白、赤の組み合わせが、瀬戸内海の小豆島を思い起こさせる。おりいぶもそうした

命名だろう。明るいイメージの貨物船である。

 

 本日2度目のブラックフライデー?確かそうだったはずですよね。桜の開花宣言も虚しく、

あわやの雪かも予報の今週末。見ごろを迎えるであろうお花見のニュースとは裏腹に、じつに

冷たい雨が昼頃より降りだした。仕方なく出来る範囲の片付けでもこなしていると、1組の

釣り客の予約が入る。問い合わせの電話が鳴る。以上が今のところの黒金の効果、、、?

 昔なら決算とかで、徹夜だったなあ〜。明日からは新年度のスタートかあ〜。取り合えず

啓陽丸

  • 2017.03.27 Monday
  • 04:56

西部タンカー株式会社(本社・東京)が運航する「第8啓陽丸」、ケミカルタンカー。

内航運送業を主とし、製鉄、石油大手の荷を扱う。黒い船体に白い船橋。ファンネル(煙突)は

黒く、ファンネルマークは「S」と「T」を組み合わせている。23日には館山湾を出航していった。

えたじま

  • 2017.03.24 Friday
  • 08:08

アキ・マリン株式会社所有の貨物船「えたじま」(499トン)。ブルーを基調とした

船体に白のファンネル(煙突)。青い鏡ヶ浦に似合う船体だ。同社のホームページによると、

内航海運業、海洋土木工事業などを展開。貨物船も多数所有している。いすれも青い船体が

特徴で、各地に展開している。本社は広島市で、「ひろしま」・「みやじま」・「いつくしま」

などの船もある。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM